ページの先頭です

大垣まつり <5月14日取材>

[2017年5月16日]

華麗な祭絵巻

奉芸(八幡神社前)
巡行(大垣駅通り)
夜宮(八幡神社前)

 城下町大垣に初夏の訪れを告げる「大垣まつり」が、5月13日と14日に開催され、軕(やま)が巡行する市街地一帯に、華やかな祭絵巻が繰り広げられました。

 この祭りは、360年余の伝統を誇り、藩主から賜った軕と町衆の軕が併存する、全国的にも希少な形態が特徴で、昨年12月には「ユネスコ無形文化遺産」に登録。

 雨の影響により、13日の催しが一部中止になったものの、両日の来場者は約29万人となりました。

 14日には、全13両の軕が約8.8キロメートルにわたって巡行。また、午後7時過ぎにちょうちんに灯りがともされると、会場は幻想的な雰囲気に包まれ、祭りは最高潮に達しました。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市企画部秘書広報課[2階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る