ページの先頭です

70歳以上の人へ 自己負担限度額(月額)が8月から変わります (平成29年7月15日号)

[2017年7月15日]

 国民健康保険に加入されている70歳以上の人、および後期高齢者医療に加入されている人は、1か月の医療費の自己負担に限度額が設けられており、限度額を超えた場合、申請により超えた分が高額療養費として支給されます。
 8月からは、国の制度見直しにより、自己負担限度額が以下の表のように変わります。

国民健康保険 自己負担限度額
【平成29年7月まで】
適用区分外来(個人ごと)外来+入院(世帯ごと)
現役並み課税所得145万円以上44,400円80,100円+(総医療費-267,000円)×1%
〈多数回44,400円 ※2〉
一般課税所得145万円未満 ※112,000円44,400円
↓↓↓↓↓
【平成29年8月から】
適用区分外来(個人ごと)外来+入院(世帯ごと)
現役並み課税所得145万円以上57,600円80,100円+(総医療費-267,000円)×1%
〈多数回44,400円 ※2〉
一般課税所得145万円未満 ※114,000円
(年間上限
144,000円)
57,600円
〈多数回44,400円 ※2〉
※1 世帯収入の合計額が520万円未満(1人世帯の場合は383万円未満)の場合や、「旧ただし書き所得」の合計額が210万円以下の場合も含む
※2 過去12か月以内に3回以上、上限額に達した場合は、4回目から「多数回」該当となり、上限額が下がります

◎問い合わせ
【国民健康保険加入者】

  窓口サービス課国民健康保険グループ(TEL 47-8132)
【後期高齢者医療加入者】
  窓口サービス課後期医療グループ(TEL 47-8140)
  
※そのほかの社会保険などの加入者は、加入の保険にお問い合わせください

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る