ページの先頭です

シリーズふるさと大垣 懐かしの一枚 (平成29年7月15日号)

[2017年7月15日]

◆水都まつり

 水都まつりは、昭和11年、大垣実業組合連合会の主催により「水のまつり」として開催されたのが始まりで、当時は、水泳大会や魚つかみ大会などが行われていました。
 戦時中は中止されていましたが、昭和23年に「水都まつり」として地元商店街が中心となり再開。それ以降現在まで、七夕祭りや盆踊りなどの催しに多くの市民でにぎわうようになりました。


水都まつりでの盆踊り(昭和43年)

水都まつりでの盆踊り(昭和43年)

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る