ページの先頭です

「みんなでつくろう!おおがきの歌」第1回ワークショップを開催しました!

[2017年8月3日]

 平成30年の大垣市制100周年に向けて制作中の「おおがきの歌」。この歌に子どもたちの思いを盛り込むため、平成29年7月24日(月)、スイトピアセンターでワークショップを開催しました。

 当日は、市内小中学生75人が参加するなか、おおがきの歌の作詞・作曲を手がける詩人の谷川俊太郎さん・作曲家の谷川賢作さん親子がゲストとして登場。

 谷川さん親子の楽しいトークやアドバイスによって子どもたちの自由な発想が引き出され、次々と素敵なことばが出てきました。歌の完成がとっても楽しみです!

 なお、第2回ワークショップは、平成29年8月30日(水)に開催します。

ワークショップの様子

グループをつくる参加者

 はじめに、参加者どうしのコミュニケーションを深めるため、テーマに合わせてグループをつくりました。


 「大垣と聞いてイメージすること」というテーマでは、「水」「水の都」「水まんじゅう」など、水に関することばが多く出されました。




擬音語で表現された大垣

 続いてグループで擬音語を用いて、大垣を表現しました。


 水の流れる音「さらさら」や、大垣まつりの賑わいをあらわす「がやがや」、みんなが親切で優しい様子を表現した「ほわほわ」など、自由な発想でたくさんのことばが出てきました。






作品を発表する参加者

 その後、アクロスティックス(各行の最初の字をつなげると言葉になることば遊び)を用いて大垣のイメージをことばにまとめました。


  み ずまんじゅうに自噴水
  ず っと水なんかなくなんない
  の で川もきれいですよ
  み んなが笑顔で元気よく
  や まもかわもみんなきれい
  こ のまちほかに絶対ない(みずのみやこ)


 これ以外にも、グループのみんなで意見を出し合いながら、素晴らしい作品が完成しました!







即興で作曲する谷川賢作さん

 この作品に谷川賢作さんが即興で曲をつけて演奏しました。 ゆったりした曲と激しい曲、同じ詞でも曲によって印象がまったく異なることに参加者は驚いていました。







歌を歌う谷川俊太郎さん

 最後に谷川俊太郎さんが自身の詞の朗読と、谷川賢作さんのピアノにあわせて「鉄腕アトム」の主題歌の歌唱を披露されました。ジャズアレンジされたメロディーに優しく語りかけるような声がマッチし、会場の誰もが聞きほれていました。


 たくさんの素敵なことばが出てきて、みんなとっても楽しそうでした!

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市かがやきライフ推進部まちづくり推進課[大垣市職員会館2階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


「みんなでつくろう!おおがきの歌」第1回ワークショップを開催しました!への別ルート

ページの先頭へ戻る