ページの先頭です

大垣市総合防災訓練<8月27日取材>

[2017年8月29日]

高めよう!地域の防災力

地元住民による救出搬送訓練

 大垣市総合防災訓練が8月27日、西中学校グラウンドで行われ、市関係者や南杭瀬連合自治会など約450人が参加しました。これは、市民一人ひとりが災害への対応方法を身につけるとともに地域ぐるみで防災力を高めるため、各連合自治会持ち回りで毎年開かれています。

 当日は、地震による災害発生を想定し、地元住民・消防団・陸上自衛隊・防災関係機関などが協力した災害発生現場での避難参集訓練や救助救出訓練、救援物資の受け取りなど、実働的な訓練を実施しました。

 参加者らは、いつ起こるかわからない災害に備えて、地域で取り組む大切さや「自らの命は自らが守る」心構えを再確認していました。

 

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市企画部秘書広報課[2階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る