ページの先頭です

シリーズMay I help you?(8) ~何かお手伝いすることはありますか?~ (平成29年9月15日号)

[2017年9月15日]

 障がいの有無に関わらず、ともに暮らしやすい社会を実現するためのきっかけ作りとして連載中のシリーズ「May I help you?」。今回は、難病を原因とする障がいの特性や必要な配慮についてお伝えします。
 詳しくは、障がい福祉課(TEL 47-7298)へ。


【第8回 難病を原因とする障がいのある人】
◎障がいの特性

 難病とは、原因不明で治療法が未確立であるなどの要件を満たす疾病のことを言います。難病にかかっている人の中には、周期的、断続的に生じる痛みや疲労感のほか、治療のための薬剤の副作用による不快感を感じている人がいます。
 また、外見からは疾病があることが分かりにくいため、周囲から理解されなかったり、体力の低下により疲れやすい状態であったりすることに悩んでいる人もいます。
◎必要な配慮
 公共交通機関の優先席や障がい者用駐車場の利用について理解をお願いします。
 職場などでは、必要に応じて休憩を取るよう気遣う思いやりが大切です。また、体調不良や通院などのため、早退や欠席が必要であることを理解し、配慮しましょう。


 

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る