ページの先頭です

今こそ受けよう!がん検診 あなたとあなたの大切な人のために (平成29年9月15日号)

[2017年9月15日]

【検診でがんを早期に発見】
 日本では、2人に1人が発症している「がん」。多くのがんは、早期の段階では自覚症状がなく、かなり進行した段階で初めて異変を感じるケースも少なくありません。
 自覚症状がないうちに、検診によりがんを発見することで、早期に治療を行うことが可能となります。
 
【がん検診受診率50%達成に向けた集中キャンペーン月間】
 国では、10月を「がん検診受診率50%達成に向けた集中キャンペーン月間」としています。
 このキャンペーン月間を機会に、大切な命を守るためにも、対象の人は市の検診(下表参照。本紙10面に記事を随時掲載)を積極的に受けましょう。また、検診の結果、精密検査が必要になった場合は、必ず精密検査を受けましょう。
 
【平成29年度は大腸がん検診無料】
 通常は料金のかかる大腸がん検診ですが、平成29年度は無料で行っています。大腸がん検診は、自宅で便を取って提出するだけの簡単な検査です。
 また、10・11月は複数のがん検診を同時に受けられる日があり、とても便利です。ぜひご利用ください。
 詳しくは、大垣市保健センター(TEL 75-2322)へ。

 

キャンペーンイメージキャラクター

キャンペーンイメージキャラクター

がん検診
 罹患順位検診対象者検診内容主な実施場所
男性女性
胃がん1位3位50歳以上の人バリウムを飲んでのレントゲン撮影大垣徳洲会病院ほか
肺がん3位4位40歳以上の人胸部レントゲン撮影、
喀痰検査(必要な人のみ)
各地区を検診車が巡回
大腸がん2位2位40歳以上の人便を2日間採取大垣市保健センター、
地区センターほか
子宮がん5位20歳以上の女性子宮頸部(場合によって体部)の組織を採取市内委託医療機関、
大垣市保健センターほか
乳がん1位35歳以上の女性マンモグラフィー撮影と視触診(希望者)市民病院、大垣徳洲会病院、
市川外科ほか
前立腺がん4位50歳以上の男性血液検査により前立腺特異抗体の値を測定武道館

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る