ページの先頭です

不妊に関する相談や助成制度 (平成29年10月1日号)

[2017年10月1日]

 「もしかしたら不妊かも…でも、相談できる人もいないし…。」お悩みの人は、下記へお気軽にご相談ください。
 また市は、治療費の助成制度を設けていますので、詳しくは大垣市保健センターへお問い合わせください。

≪出張個別相談会≫
【問い合わせ】県不妊相談センター(TEL 058-389-8258)

・とき : 11月21日(火) 午後1時30分~4時
・ところ : 西濃総合庁舎(江崎町)
・内容 : 個別相談会(1人45分程度)
・申込 : 11月17日までに、氏名・電話番号・希望時間を県不妊相談センター(TEL・ファックス 058-389-8258、e-mail:c11223a★pref.gifu.lg.jp)へ ※メールアドレスの「★」を「@」に変更し、送信ください。
・受付時間 : 電話・ファックス・メールとも、月曜日と金曜日(祝日は除く)の午前10時~午後4時(電話のみ正午~午後1時を除く)

≪治療費の助成制度≫
【問い合わせ】大垣市保健センター(TEL 75-2322)

治療費の助成制度
 一般不妊治療
(人工授精)
特定不妊治療
(体外受精・顕微授精)
対象者次の(1)~(3)をすべて満たす夫婦次の(1)(2)をすべて満たす夫婦
(1)法律上の婚姻をしている
(2)少なくとも一方の住所が市内にある
(3)医療保険各法の被保険者または被扶養者である
対象経費保険適用外の治療費(検査を含む)
※平成29年3月~30年2月の診療分
保険適用外の治療費(検査を含む)
助成額〈単年度〉対象経費の2分の1以内で1,000円未満切捨(上限5万円)1回の治療につき対象経費から県助成金を控除した金額(上限10万円)
※助成回数は年齢などにより変動
助成期間助成を開始した月から継続する2年間
申請期限平成30年3月31日1回の治療について治療終了日の属する年度の末日(3月31日)

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る