ページの先頭です

住宅・土地統計調査を実施します

[2018年9月10日]

平成30年住宅・土地統計調査を実施します

 総務省は、平成30年10月に、住宅・土地統計調査を全国一斉に実施します。

 この調査は5年ごとに行われ、住宅の広さなど住宅の状況、家族構成など世帯の状況、土地の保有状況などを明らかにし、暮らしと住まいに関する計画や施策のための基礎資料となるものです。

 お答えいただいた内容については、統計法で厳重に秘密が守られ、統計以外の目的で使用されることはありません。皆様のご理解、ご協力をお願いします。

 

調査対象

 市内で指定された233の調査単位区から抽出した、「住宅」及び「住宅以外で人が居住する建物」に居住している世帯(1調査単位区当たり17住戸、市内約3,800世帯)が対象となります。

 

調査方法

 岐阜県知事から任命を受けた住宅・土地統計調査の統計調査員が、9月中旬以降、調査対象となった世帯に調査書類を配布します。

(配布する書類)

  1. インターネット回答の利用案内(緑色の封筒) 【9月中旬に各住戸の郵便受等に配布】
  2. 調査票入りの茶封筒 【9月下旬に統計調査員が訪問配布】

 

調査への回答方法

調査への回答方法は、次のとおりです。

  1. インターネットによる回答(パソコン、スマートフォン、タブレットからの回答) ※9月15日~10月8日
  2. 市へ紙の調査票を郵送
  3. 調査員へ紙の調査票を提出

 

住宅・土地統計調査キャンペーンサイト

住宅・土地統計調査 キャンペーンサイト

住宅・土地統計調査

 「住宅・土地統計調査」は、国内の住宅とそこに居住する世帯の居住状況、世帯の保有する土地等の実態を把握し、その現状と推移を明らかにするため、5年ごとに行われる調査です。この調査の結果は、暮らしや住まいに関する計画、施策等の基礎資料として広く活用されています。

 

総務省のホームページはこちら

大垣市の調査結果についてはこちら(11-3~11-7) ※平成25年10月1日現在

 

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市総務部行政管理課[4階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


住宅・土地統計調査を実施しますへの別ルート

ページの先頭へ戻る