ページの先頭です

ご確認ください!! 住宅用火災報知器 (平成30年1月1日号)

[2018年1月1日]

 住宅用火災報知器は、一般的には電池で動いています。火災を感知するために常に作動しており、その電池の寿命の目安は約10年とされています。「いざ」というときに住宅用火災報知器が適切に作動するよう、定期的に作動確認を行い、適切に交換を行うよう習慣づけましょう。
 詳しくは、大垣消防組合予防課(TEL 87-1512)へ、上石津地域の人は養老町消防本部予防課(TEL 32-1510)へ

火災報知器

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る