ページの先頭です

接種期間を1月31日まで延長 高齢者インフルエンザ予防接種 (平成30年1月1日号)

[2018年1月1日]

 平成29年10月15日から、予防接種法に基づき、高齢者インフルエンザ予防接種を実施していましたが、ワクチンの全国的な供給の遅れにより、接種期間を平成30年1月31日まで延長します。

◆対象 : 接種日において大垣市に住民登録があり、平成29年12月31日において65歳以上の希望者 ※ただし、平成29年12月31日において、60歳以上65歳未満で、心臓、腎臓または呼吸器の機能に重い障がいのある人(身障1級に相当)で希望する人も含む
◆問い合わせ : 大垣市保健センター(TEL 75-2322)へ


◎高齢者乳幼児は特に! インフルエンザにご注意を
 インフルエンザは、ウイルスに感染することによって起こる病気で、38℃ 以上の発熱や頭痛、関節痛、筋肉痛、全身倦怠感などの症状が突然現れるという特徴があります。
 高齢者、乳幼児、免疫力が低下している人は、特に注意が必要です。
 
<予防対策を徹底しましょう>
◆外出後は、手洗いを徹底する
◆栄養と睡眠を充分にとる
◆なるべく人ごみを避け、やむを得ず、外出する場合は、マスクを着用する
◆室内では、適度な湿度(50~60%)を保つ

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る