ページの先頭です

人権創作劇が行われました!(更生保護女性連盟)

[2018年2月8日]

人権創作劇が行われました(更生保護女性連盟)

 10月13日(金)、人権擁護委員の皆さんによる人権創作劇が、岐阜県更生保護女性連盟第2ブロック(西濃地区)研修会において行われ、更生保護女性会の皆さん約180人が参加しました。

 この日は、「人権とは」と「人権擁護委員の役割」の講演後、大人向けの人権創作劇「いつか ペンギン」が上演されました。近い将来こんなことが起こるのではという設定で、保育園や小学校では上演していない内容です。

 舞台は男女の社会的立場が入れ替わった社会。会社ではセクハラを受け、家では家事をさせられて悩んでいる男性の前にペンギンが現れ、男女が対等の立場で協力して生活する社会において大切なことを伝えるお話しです。

 研修を受けた更生保護女性会の皆さんは、ユーモアを交えた人権創作劇を楽しみながら、男女共同参画社会について学びました。

人権擁護委員の挨拶

      人権擁護委員の挨拶

家事をさせられる主人公

     家事をさせられる主人公

悩む主人公の前にペンギン登場

   悩む主人公の前にペンギン登場

上演いただいた人権擁護委員の皆さん

  上演いただいた人権擁護委員の皆さん

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市福祉部人権擁護推進室[1階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る