ページの先頭です

小中学校通学路沿いのブロック塀等の安全点検について

[2018年9月3日]

ブロック塀等の安全点検の背景

 平成30年6月18日に大阪北部で発生した地震では、ブロック塀の倒壊により2人の尊い命が失われる事故が発生しました。

 これを受けて、耐震化促進策等について、県、市町村及び関係団体で組織する岐阜県建築物地震対策推進協議会にて、民間建築物の道路沿いにあるブロック塀等(コンクリートブロック積、れんが積及び石積の塀)を対象に安全点検を行い、塀の所有者に対して周知・啓発を行うことになりました。

 本市は、小中学校通学路を重点対象とし、市職員による市内通学路沿いのブロック塀等の安全点検を行う方針となりましたので、ご理解・ご協力をお願いします。

 

点検の概要

●点検対象

小中学校通学路沿いにあるブロック塀等(コンクリートブロック積、れんが積及び石積の塀)

●実施期間

平成30年9月3日(月)~平成30年9月21日(金)の平日の午前9時から午後4時

※上記の日時は、天候、その他の事情によって変更する可能があります。

●点検方法

 ブロック塀等の道路側からの目視点検及び写真撮影(敷地側からの点検はしません)

【点検の結果、目視で劣化(傾き、ひび割れ等)が確認できない場合】

自己診断チェックシートを投函致します。 (下記の各種様式からもダウンロードできます)

※ご自身での点検にご活用下さい。

【点検の結果、目視で劣化が確認されたブロック塀等の場合】

塀の高さ、厚さ等の簡易計測、点検結果及び啓発チラシの投函致します。(下記の各種様式からもダウンロードできます)

※ご在宅の場合は、点検結果の説明を致します。

【諸注意】

今回の安全点検は、不可視部分(基礎、鉄筋の有無、敷地内からでないと確認できない部分)は、点検できないことから、ブロック塀等の安全性を担保する点検ではありません。

各種様式

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

ブロック塀等の維持保全について

 正しく施工されていない、または老朽化したブロック塀等は地震時に倒壊し、通行人に危害を及ぼすおそれがあるだけでなく、

避難・救助活動の妨げになる可能性があります。そのため、所有者の責任による点検と適切な維持管理が必要です。

 また、住まいの安全対策は、とても重要ですので、普段から定期的に点検・対策等を行い、地震に備えましょう。

 

関連ホームページへのリンク

通学路以外の道路沿いのブロック塀等の点検について

建築課の職員が、随時点検を行いますので、ご要望の方は建築課でご連絡下さい。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市都市計画部建築課[東庁舎2階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


小中学校通学路沿いのブロック塀等の安全点検についてへの別ルート

ページの先頭へ戻る