ページの先頭です

トゲウオシンポジウムinおおがきを開催します

[2018年9月15日]

トゲウオシンポジウムinおおがきの概要

趣旨

 古くから、大垣市は全国でも有数の湧水自噴帯に位置しており、豊富な地下水の恵みにより「水の都」と呼ばれてきました。冷たいきれいな水のみに生息する「ハリヨ」は、こうした湧水があるところやその周辺にだけ生息しています。

 市では、平成12年3月に定めた大垣市環境基本計画において、市の望ましい環境像を「※ハリンコが泳ぎ、ホタルが舞う水都・大垣」とし、湧水や地下水を守り、この豊かな環境を後世に引き継いでいくため、様々な環境保全に関わる施策を展開し、市民・事業者・行政の三者の協働により、環境保全活動を進めています。

 また、平成19年7月に施行した大垣市環境基本条例に基づき、良質で豊富な地下水や森林、里山など美しく豊かな緑を誇りに思い、将来の世代へと引き継いでいくため、平成20年10月に水環境保全の象徴として市の魚を「ハリヨ」に制定しました。

 「ハリヨ」は、現在は、岐阜県西南濃地方のほか、滋賀県北東部のみに分布している希少魚で、環境省により、ごく近い将来における絶滅の危険性が極めて高いとされる絶滅危惧IA類に選定されており、また、岐阜県希少野生生物保護条例に基づく指定希少野生生物でもあります。

 また、本市の生息地である西之川町のハリヨは県の天然記念物に、曽根町・矢道町のハリヨは市の天然記念物に指定されています。

 そこで、ハリヨを市の魚に制定して10周年のこの節目の年に、ハリヨをはじめとするトゲウオの保護活動を行っているそれぞれの地域の活動事例などを発信するとともに、市民・事業者・行政のそれぞれができることを考え、学ぶ場として「トゲウオシンポジウムinおおがき」を開催します。

※ハリンコ:ハリヨの愛称として、広く大垣市民に親しまれてきた言葉です。

 開催詳細

 開催日時  平成30年10月25日(木) 11:00~17:00

 開催場所  スイトピアホール学習館2階 音楽堂 他

 開催内容  11:00~ ポスター展示開始

         13:30~ 受付開始

         14:00~ シンポジウム開始

                 あいさつ

                 基調講演

                 事例発表

         ~16:30 シンポジウム終了

         ~17:00 ポスター展示終了

 主催

 市の魚ハリヨ制定10周年記念事業実行委員会

 

 後援・協賛

 後援  環境省(中部地方環境事務所)、国土交通省(中部地方整備局木曽川上流河川事務所)

      岐阜県、岐阜県教育委員会、大垣市、大垣市教育委員会、大垣商工会議所

      生き物文化誌学会、日本魚類学会

 協賛  大垣市地下水対策会議、大垣市環境市民会議

入場料

 無料

定員

 250名(要事前申込・先着順)

申込方法

 環境衛生課等で配布の申込書(下記よりダウンロード可)に必要事項を記入し、市の魚ハリヨ制定10周年記念事業実行委員会事務局まで郵送またはファックス、メールにて10月10日(水)までに申し込みしてください。

 また、こちらからも申し込みできます。

申込及び問い合わせ先

 市の魚ハリヨ制定10周年記念事業実行委員会事務局(大垣市環境衛生課内)

 〒503-8601 岐阜県大垣市丸の内2丁目29番地

  Tel:0584-47-8563 / Fax:0584-81-3347/ Email:kankyoueiseika@city.ogaki.lg.jp

トゲウオシンポジウムinおおがきチラシ・申込書

トゲウオシンポジウムinおおがきチラシ・申込書

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市生活環境部環境衛生課[2階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


トゲウオシンポジウムinおおがきを開催しますへの別ルート

ページの先頭へ戻る