ページの先頭です

運転免許を返した65歳以上の人に住基カードを無料交付 ~身分証明としてご利用ください~

[2009年10月1日]

 市は、運転免許証を自主返納した65歳以上の人に、写真付き住民基本台帳カードの無料交付を、平成21年10月1日から始めます。
 このカードは、公的な身分証明として利用できるほか、大垣市独自のサービスとして、市役所の正面玄関に設置してある自動交付機で住民票の写しなどの発行や、市立図書館の資料の貸し出しを受けることもできます。

・対象 : 大垣市の住民基本台帳に記載されている満65歳以上で、平成21年10月1日以降に警察署へ運転免許証を返納した人(初めてカードを交付申請する人に限る)
・申請者 : 運転免許証返納後3か月以内に、必ず本人が申請
・申請手続き : 平日の午前9時から午後4時30分までに、窓口サービス課、上石津・墨俣地域事務所へ(地域事務所は、後日の交付になります)
・持ち物 : (1)公安委員会が発行する「申請による運転免許証の取消通知書」
        (2)無効になった運転免許証
        (3)印鑑

 詳しくは、窓口サービス課(内線 444)または、生活安全課(内線 424)へ。

住民基本台帳カード

(平成21年10月1日号)

目次へ戻る

お問い合わせ

大垣市企画部秘書広報課[4階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム