ページの先頭です

平成23年2月14日現在

[2018年6月28日]

大垣城現況写真

 改修工事で天守から下ろされた昭和34年再建時作成の鯱瓦を大垣城1階に展示しました。展示したのは西の鯱瓦です。再建より約50年間、大垣復興のシンボルとして再建大垣城に葺かれていたものです。ご来館の際には、是非ご覧下さい。
(平成22年12月22日撮影)

 
大垣城現況写真

 天守本体改修工事に引き続き行った石垣の補修作業です。石材の割れ補修や、間詰めと呼ばれる石材間の隙間に小型の石を詰める作業を行いました。石垣の維持管理のためのメンテナンス作業です。
(平成23年1月12日撮影:天守東多聞北面石垣)

 
大垣城現況写真

 補修作業後の天守石垣です。まだ、記録用の番号をふったテープが残っていますが、石垣補修作業用の足場は撤去されました。大垣城天守石垣は石灰岩が使われているのが大きな特徴です。石灰岩の大型石材の間には間詰め石(砂岩)が施されています。
(平成23年2月14日:天守北西隅石垣を西から撮影)

 
大垣城現況写真

 天守周辺の塀も塗りなおされました。また、本来は城郭の塀には無いものですが、水はね防止のために塀周りに砕石を敷きました。これには再建大垣城に葺かれていた瓦を破砕したものを利用しています。今回の天守及び乾隅櫓の屋根葺き替えによって大量の瓦が発生しましたが、産業廃棄物としての埋め立て処分はせず、すべて骨材等のリサイクル材として再生しました。
(平成23年2月14日撮影:天守北の本丸北面塀)

 
大垣城現況写真

 南東からみた天守です。一部細かな工事が残っていますが、改修工事現場を囲っていた白色の塀も順次撤去が開始されています。2月末頃までには完全に撤去される予定です。
(平成23年2月14日撮影)

 
大垣城現況写真

 西門付近からみた天守です。天守に架けられていた作業用足場は撤去され、一部樹木の剪定も行いました。落葉という時期的条件もありますが、この方向からは改修された天守の姿がよく見えるようになりました。
(平成23年2月14日撮影)

お問い合わせ

大垣市教育委員会事務局文化振興課[北庁舎3階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム