ページの先頭です

大垣市特定不妊治療事業の助成について

[2020年6月1日]

大垣市では、治療費が高額となる特定不妊治療について、その費用の一部の助成をおこなっています

助成の内容

 ○対象の治療:指定医療機関にて受けた体外受精及び顕微授精

             ※ 指定医療機関や対象治療内容が分からない場合は、お気軽にお問い合わせください。

 

  ○対 象 者:法律上の婚姻をされているご夫婦で、大垣市内に住所を有する方             

 

 ○助 成 額:1回の治療につき10万円まで

  (助成回数)平成26年度から、年齢に応じて制度が変更されております。詳細につきましては、

         「特定不妊治療費助成制度改正について」を参照してください。

 ○申請手続き:1回の治療終了の都度、次の書類等をそろえて、大垣市保健センターまで提出ください。

        ※治療終了日の属する年度の末日(3月31日)まで

手続きに必要な書類等

(1) 大垣市特定不妊治療事業補助金交付申請書(指定様式)

   ・申請者(ご夫婦)に記入・押印していただきます。

大垣市特定不妊治療事業補助金交付申請書(指定様式)

(2) 大垣市特定不妊治療事業受診等証明書  (指定様式)

   (ただし、岐阜県に提出する受診等証明書の写し可)

    ・治療を行う指定医療機関の主治医に書いてもらってください。

(3) 治療を受けた指定医療機関の発行した領収書

   ・必ず原本をお持ち下さい。こちらで確認の上、コピーします。

(4) 法律上の婚姻をしている夫婦であることを証明する書類

   (岐阜県に提出する同様の書類の写し可)

・ご夫婦の続柄が記載された住民票、又は戸籍謄本など

 (5) (岐阜県の手続きを受けることができる方は)

岐阜県の助成手続きをおこなったことが確認できる書類

      ・承認決定通知書の写し、又は手続き済が確認できる医療機関領収書

 (6) (所得制限により岐阜県の手続きを受けることができない方は)

ご夫婦それぞれの所得・課税証明書(市町村役場にて発行)

    ※令和2年6月から令和3年5月までは令和2年度(平成31年1月1日から令和元年12月31日まで)所得・課税証明書

 (7) ご夫婦の印かん (認印可)

 

ご不明な点がありましたら、次までお問い合わせください。

大垣市保健センター 電話 (0584)75-2322   月~金(祝休日除く)830~1715

大垣市東外側町2丁目24番地

 

お問い合わせ

大垣市健康福祉部保健センター

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム