ページの先頭です

奥の細道むすびの地記念館「名誉館長講演会」について【終了しました】

[2013年11月10日]

名誉館長講演会

名誉館長講演会

 

 奥の細道むすびの地記念館では、俳句や展示に関する様々な講演会や講座を開催しております。この「名誉館長講演会」では、大垣市奥の細道むすびの地記念館の名誉館長である黛まどか氏に、奥の細道や俳句をはじめとした日本の伝統文化をテーマに講演していただくものです。
 皆様、お誘い合わせの上、ご参加ください。なお、この講演会は事前のお申込みが必要です。

日時

 平成25年11月9日(土曜日) 14時00分から16時00分

場所

 大垣市総合福祉会館 5階 ホール
 (大垣市馬場町124番地)

講師

 黛 まどか 氏
 (奥の細道むすびの地記念館名誉館長)

 俳人。神奈川県生まれ。2002年、『京都の恋』で第2回山本健吉文学賞受賞。2010年4月から2011年3月、文化庁「文化交流使」としてパリを拠点に活動。2009年、オペラ「万葉集」(明日香風編・二上挽歌編)の台本執筆、2012年、NYにて初演の福島県の応援歌「そして、春~福島から世界へ」の作詞、2014年、1月17日高岡、1月19日金沢、2月16日東京にて初演のオペラ「滝の白糸」の台本執筆(すべて、作曲:千住明)など、俳句に限らず幅広く活躍。岐阜県大垣市「奥の細道むすびの地記念館」名誉館長。

 最新刊に、随筆『引き算の美学』(毎日新聞社)、句集『てっぺんの星』(本阿弥書店)、『まんかいのさくらがみれてうれしいな』(バジリコ)、『新・資本主義宣言』(毎日新聞社)など。

 黛まどか公式ホームページ http://madoka575.co.jp

演題

 引き算の美学~俳句を通して見る日本人の美意識と美徳~

定員

 250名(先着順)

受講料

 無料(要事前申し込み)

申込み方法

 施設備え付けのチラシ、もしくはこのホームページ下部でチラシをダウンロードし、申込用紙に必要事項を記入のうえ、文化振興課へ郵送・持参・ファックス。後日、入場整理券を送付。

サイン会

 講演会終了後、講演会会場の出口で開催します(15時30分から16時00分を予定)
※講演会会場で本を購入した人のみ、本にサインをさせていただきます。

主催

 大垣市、大垣市教育委員会

申し込み先及び問い合わせ先

 〒503-0888 岐阜県大垣市丸の内2丁目55番地
 大垣市教育委員会 文化振興課
 電話 0584-47-8067
 ファックス 0584-81-0715

チラシ・申し込み票ダウンロード

お問い合わせ

大垣市教育委員会事務局文化振興課[6階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム