ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

このページを一時保存する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

平成30年度プレスクール「きらきら教室」第2回集団指導を開催しました!

  • [2018年12月20日]
  • ページ番号 43523

 大垣市では、小学校入学前の外国人児童を対象とした、平成30年度プレスクール「きらきら教室」の第2回集団指導を、平成30年12月15日(土)、大垣市立北幼保園で開催しました。
 今回は市内小学校の先生に来ていただき、小学校の日本語教室について説明してもらうなどして、児童も保護者も小学校入学への準備を進めました。

「きらきら教室」の様子

 はじめに、子どもたちは先生と一緒に「あいうえおの歌」に合わせてひらがなと書き順を確認しました。
 子どもたちは指を使って先生のまねをしながら一緒に書いていました。

 続いて、体に関する日本語を、カードを使って楽しく歌いながら覚えました。
 その後、「あたまが痛い」「熱がある」「気持ちが悪い」「かゆい」など、体の状態を伝える言葉も勉強しました。

 次に、絵本「くまさん、くまさん、なにみてるの?」を使って、色と動物の言葉を習いました。
 先生が「どんな動物がでてきたかな?」と質問すると、子どもたちは元気よく答えていました。
 

 
 保護者の皆さんは、小学校の生活や行事、また日本語教室などのサポート体制について説明を受けました。
 参加者の方からは、詳しい説明を聞くことができて役に立ったとの感想がありました。
 
 

 続いての親子指導では、家庭内での母語の大切さについて伝えました。
 1日30分でもいいので、お子さんと一緒に本を読んだり、宿題をする時間や、自分の国のことばで話す時間を大切にしてほしいと話しました。
 参加した方は、母語と日本語の両方を大切にすることで子どもの感情表現が豊かになるとの話に深くうなずいていました。

お問い合わせ

大垣市市民活動部まちづくり推進課[2階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

Copyright (C) Ogaki City All Rights Reserved.