ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

このページを一時保存する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

平成30年度イアマスこどもだいがく「あたらしいTOYコレクション」を開催しました!

  • [2018年12月19日]
  • ページ番号 43533
 平成30年12月15日(土)にソフトピアジャパン・ワークショップ24で、平成30年度イアマスこどもだいがく「あたらしいTOYコレクション」を開催しました。
 講座には、市内の小学生10名が参加し、イアマスの学生が制作した3つの遊びのコレクションを体験しました。
 受講生からは、「腕に絵を描けてとてもおもしろかった」「カニの遊びで、自分の手がどれか分からなくなったのが不思議だった」などの声が聞かれました。

講座の様子

説明を受けている様子

 
 はじめに、講師の方より今日体験する3つの遊びコレクションについて説明を受けました。

 
 「蟹の錯覚」では、自分の手が自分のものじゃないような体験ができました。


 また、鏡に映った紙に描かれた手を見ながら、自分の手と紙の手を同時に同じ個所を触られることで、錯覚を感じることができました。受講生からは、「手が透明になったみたい!」という感想もありました。

腕に絵を描いてる様子


 「じぶんの模様をじぶんの腕にえがく」では、模様を考えること、自分の肌がキャンパスになるという新鮮な体験をしました。

ゲームをしている様子


 「ブンブンビンビンブン」では、このゲームの終わりとは何か、ゲームについて考えることができました。

受講者の声

お問い合わせ

Copyright (C) Ogaki City All Rights Reserved.