ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

このページを一時保存する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

平成30年度イアマスこどもだいがく「天体顕微鏡2」を開催しました!

  • [2018年12月26日]
  • ページ番号 43571
顕微鏡でモノを見ている様子

 平成30年12月24日(月・祝)にソフトピアジャパン・センタービルで、平成30年度イアマスこどもだいがく「天体顕微鏡2」を開催しました。
 
 講座には、市内の小学生7人が参加し、身の回りにある物を顕微鏡で拡大したり、大きなスクリーンに映し出すことによって、物に対するイメージを膨らませることができました。
 
 受講生からは、「目では見えない物を見ることができて嬉しかった。」「理科の時にやってみたい。」などの声が聞かれました。

講座の様子

顕微鏡の調節をしている様子


 はじめに、受講生たちが準備してきたものを顕微鏡で見てみました。
 和紙や木の葉などを見てみました。

顕微鏡の調節をしている様子


 顕微鏡にはじめて触るという子も多くいましたが、講師の方に聞きながら、顕微鏡の明るさやピントを調節していきました。

顕微鏡でモノをみている様子


 自分の持ってきたものや、イアマスが用意したものに、色をつけたり加工していきました。

スクリーンに映し出しています。


 最後に、お気に入りの映像を「~の宇宙」

スクリーンに映し出しています。


と題して発表しました。

受講者の声

お問い合わせ

Copyright (C) Ogaki City All Rights Reserved.