ページの先頭です

奥の細道紀行330年記念シンポジウムinおおがき<6月1日取材>

[2019年6月4日]

芭蕉の旅立ちから330年

「奥の細道」の魅力と未来について語り合う市長ら

 松尾芭蕉の奥の細道紀行の旅立ちから330年を記念するシンポジウムが、6月1日に総合福祉会館で開催されました。
 当日は、奥の細道の旅路を紹介した映像の上映で開幕。その後、「私が思う『奥の細道』の魅力と未来」をテーマとしたパネルディスカッションなどが行われました。
 登壇した小川市長や伊賀市の岡本市長らは、俳句文化によって季節感や文化を味わえるといった魅力や、未来を担う子どもたちにとって心豊かな潤いのある生活につながるなどの様々な意見を交わし、約300人の参加者が熱心に耳を傾けていました。

 

お問い合わせ

大垣市企画部秘書広報課[2階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム