ページの先頭です

おおがきマラソン2019<12月15日取材>

[2019年12月16日]

冬の水都を軽快に駆け巡る

勢いよくスタートするランナーたち(ハーフマラソンの部)
ハーフ折り返しの墨俣一夜城
ハーフマラソンを走破
おもてなしで疲れを癒す

   大垣の2つの城をむすぶ「おおがきマラソン2019」が12月15日、大垣駅通りなどを発着点に開催されました。

   大会は、名所・旧跡を走る魅力あるコースを設定。大垣城や国指定重要文化財の旧揖斐川橋梁、墨俣一夜城などを駆け巡るハーフマラソンの部や墨俣アクアグラウンドを出発点に、大垣駅通りのゴール地点まで駆け抜ける10kmの部、子どもから大人まで楽しめる2.5kmのランニングの部とウォーキング・ジョギングの部が実施されました。

   4つの部門合わせて約7000人の参加者となり、ランナーたちは沿道の声援を背に、タイムを競ったり、仲間たちと楽しく走ったり、思い思いのペースでゴールを目指していました。

   ゴール地点では、商店街の皆さんによる、みそ汁やバナナ、ぜんざいなどの振る舞いも行われ、参加者は身も心も温まるおもてなしで疲れを癒していました。


















 

お問い合わせ

大垣市企画部秘書広報課[4階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム