ページの先頭です

【中止】高木家文書重要文化財指定記念講演会「伝来の地で語る高木家文書の世界」

[2020年2月15日]

講演会の中止

新型コロナウィルス感染症の感染拡大防止のため、高木家文書重要文化財指定記念講演会「伝来の地で語る高木家文書の世界」 は中止します。


高木家文書重要文化財指定記念講演会

講演概要

名古屋大学附属図書館が所蔵する「高木家文書(交代寄合高木家関係資料)」が、2019年7月重要文化財に指定されたことを記念して、高木家文書重要文化財指定記念講演会「伝来の地で語る高木家文書」を開催します。講演会場では、高木家文書のレプリカ展示を行います。

(補足)高木家文書とは、現在の大垣市上石津町の一部を知行地として、国境守衛と木曽三川流域の治水にあたった、旗本西高木家の旧蔵文書群で、旗本文書の中でも傑出した規模と内容を有することで知られています。

講  師

  • 石川 寛(名古屋大学准教授) 「高木家文書の特徴と伝来」
  • 秋山 晶則(岐阜聖徳学園大学教授)「高木家治水文書の紹介」
  • 山崎 和真(大垣市教育委員会学芸員)「高木家文書に見る上石津地域の人々と山」

開催日時

令和2年3月1日(日) 午後1時から午後3時30分(受付は午後0時30分開始)
(補足)併設展示は、午後4時まで

講演会は中止します

開催場所

大垣市スイトピアセンター学習館2階 スイトピアホール (室本町5-51)

定  員

120人

申込

事前申込不要

リーフレット

高木家文書重要文化財指定記念講演会リーフレット

お問い合わせ

大垣市教育委員会事務局文化振興課[6階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム