ページの先頭です

スマートシティ大垣まちづくりシンポジウム<2月15日取材>

[2020年3月2日]

先端技術をまちづくりに

先端技術を活用した今後のまちづくりについて意見を交わす市長ら

 ロボットを活用したまちづくりへの市民の意識醸成を図る「スマートシティ大垣まちづくりシンポジウム」が2月15日、ソフトピアジャパンで開催されました。

 当日は、3人の講師がAIやIoTの活用などをテーマに講演。その後、「デジタルスマートシティ大垣の創造に向けて」と題したパネルディスカッションなどが行われました。

 パネラーとして登壇した小川市長や人工知能学者の坂本真樹さんらは、先端技術をまちづくりに応用することによってより市民が暮らしやすくなるといった魅力や、未来を担う子どもたちが夢や希望を持つことができる豊かな生活につながるなどの様々な意見を交わし、約200人の参加者が熱心に耳を傾けていました。

























 

お問い合わせ

大垣市企画部秘書広報課[4階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム