ページの先頭です

郷土館所蔵品展「氏庸と大垣藩ゆかりの書画展」<3月18日取材>

[2020年3月18日]

学問・文化の源に触れる

戸田氏庸作「布袋唐子遊図」

  所蔵品展「氏庸と大垣藩ゆかりの書画展」が5月17日まで、郷土館で開催されています。

  この所蔵品展は、8代藩主戸田氏庸の作品を中心に、歴代藩主や大垣藩ゆかりの人々の書画を紹介するもので、画軸10点、書軸5点、絵屏風1点を展示しています。

  氏庸公は、人材の育成に力を入れ、学問と文化を大いに奨励するとともに、藩校の設立に尽力するなど、文教のまち大垣の礎を作りました。自身も画才に優れ、多くの作品を残しています。

  本展をご覧いただき、大垣の学問・文化の源にぜひ触れてみてください。

  開館時間は午前9時から午後5時まで。入館料は一般200円、高校生以下無料。休館日は市HPをご覧ください。




























 

お問い合わせ

大垣市企画部秘書広報課[4階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム