ページの先頭です

奥の細道むすびの地記念館第28回企画展 真筆でたどる芭蕉の生涯(3)~『奥の細道』の旅 そして終わらぬ旅へ~<3月31日取材>

[2020年3月31日]

芭蕉真筆で『奥の細道』をたどる

貴重な芭蕉の真筆などを展示

 第28回企画展「真筆でたどる芭蕉の生涯(3)~『奥の細道』の旅 そして終わらぬ旅へ~」が5月10日まで、奥の細道むすびの地記念館で開催されています。

 今回の企画展では、元禄2年に『奥の細道』の旅を終えてから、元禄7年に亡くなるまでの5年間に焦点を当てて、芭蕉が近江で詠んだ渾身の一句や立派な文章を創作しようと意気込む手紙など、芭蕉の人となりが垣間見られる直筆を紹介。芭蕉がその生涯の中で最後に描いたと考えられている絵も展示しています。

 開館時間は午前9時から午後5時まで。入館料は一般300円、高校生以下無料。

 詳しくは、奥の細道むすびの地記念館HPをご覧ください。






























 

お問い合わせ

大垣市企画部秘書広報課[4階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム