ページの先頭です

新型コロナウイルス感染症の影響により市税の納付が困難となられた方に対する徴収猶予の特例について

[2020年9月8日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

新型コロナウイルスの影響により収入に相当の減少があり、納税等が困難な方は、申請により1年以内の期間に限り、市税の徴収の猶予を受けることができます。

対象となる方

次の(1)、(2)のいずれも満たす納税者・特別徴収義務者が対象になります。個人・法人は問いません。

(1) 新型コロナウイルスの影響により、令和2年2月以降の任意の期間(1か月以上)
   において、収入が前年同期に比べて概ね20%以上減少していること。

(2) 一時に納付し、または納入を行うことが困難であること。

対象となる市税

令和2年2月1日から令和3年2月1日までに納期限が到来する市税

※令和2年度固定資産税第4期分は対象になりません。

申請の期限

・令和2年2月1日から令和2年6月30日までの納期限のもの・・・・令和2年6月30日

・令和2年7月1日から令和3年2月1日までの納期限のもの・・・・各納期限の日


申請に必要な書類

(1)徴収猶予申請書

(2)財産収支状況書(猶予を受けようとする金額が100万円以下の場合)

(3)財産目録・収支の明細書(猶予を受けようとする金額が100万円を超える場合)

(4)事業収入の減少等の事実があることを証する書類(売上帳、給与明細の写し等)

(5)一時納付・納入が困難であることを証する書類(現金出納帳、預金通帳の写し等)

※(2)~(5)については提出が困難な場合にはご相談ください。

 他の行政機関(税務署、社会保険事務所、他市町村など)で、直近2か月程度以内の間に納税の猶予の特例を受けた場合、その猶予の申請書および許可通知書の写しを添付していただくと、(2)~(5)の提出を省略することができます。その場合(1)の提出は必要ですが、一部記載を省略することができます。詳しくは下記、記入例を参照してください。

申請方法

下記の3つの方法でご提出していただけますが、感染拡大防止の観点から、郵送またはeLTAXでの提出にご協力ください。

(1) 市役所収納課窓口での提出

(2) 市役所収納課への郵送(〒503-0861 岐阜県大垣市丸の内2丁目29番地 大垣市役所 総務部 収納課宛)

(3) eLTAXでの電子申請

※ eLTAXでの申請は「地方税ポータルシステム(別ウインドウで開く)」をweb上でご利用ください。

徴収猶予の効果

・最長1年間市税の徴収が無担保で猶予されます。

・新たな督促や差押え、換価などの滞納処分が行われません。

・徴収猶予が認められた期間中の延滞金の全部が免除されます。

申請上のご注意

・本特例制度は,一時に納税することが困難な金額を限度として、納付を最長1年猶予する制度です。

原則1年以内に納税していただくこととなります。

・猶予期間中の一部納付や分割納付など、収入の状況に応じて計画的に納付していただくことも可能です。

・一度に猶予を申請できるのは、申請日からおおむね1か月程度先の納期限を持つ市税となります。それ以上先の納期限の税についてはその都度申請していただくことになります。

その他

・この制度に該当しなかった場合でも、その他の猶予制度が利用できる可能性がありますのでご相談ください。

・国税については、下記国税庁ホームページをご確認ください。

新型コロナウイルス感染症の影響により納税が困難な方へ 国税庁HP 外部リンク(別ウインドウで開く)

徴収猶予の特例制度リーフレット

【記入例】徴収猶予申請書

お問い合わせ

大垣市総務部収納課[2階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム