ページの先頭です

レジ袋有料化が7月1日にスタートします

[2020年5月27日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

レジ袋の有料化が7月1日からスタートします

 プラスチックは、非常に便利な素材です。成形しやすく、軽くて丈夫で密閉性も高いため、製品の軽量化や食品ロスの削減など、あらゆる分野で私たちの生活に貢献しています。一方で、廃棄物・資源制約、海洋プラスチックごみ、地球温暖化などの課題もあります。私たちは、プラスチックの過剰な使用を抑制し、賢く利用していく必要があります。

 大垣市では、平成14年10月に大垣市環境市民会議が主体となり、「レジ袋ない・ない運動」を展開されたのを契機に、平成19年3月には事業者、消費者団体、県及び市による大垣地域レジ袋有料化協議会を設立し、平成20年1月には、その4者によるレジ袋有料化の取り組みに関する協定を締結しております。

 令和2年4月末現在、8事業者、12店舗でレジ袋有料化に取り組んでいただいておりますが、令和2年7月1日より、全国一律でレジ袋有料化を実施することとなりました。これは、普段何気なくもらっているレジ袋を有料化することで、それが本当に必要かを考えていただき、私たちのライフスタイルを見直すきっかけとすることを目的としています。

 皆さんも、レジ袋有料化をきっかけに自身のライフスタイルを見つめ直し、エコバッグを持ち歩く等、できるところからプラスチックを賢く使う工夫をしてみましょう。

レジ袋有料化に関する問合わせ先

【消費者向け】

TEL:0570-080180


【事業者向け】

TEL:0570-000930

プラスチック製買物袋有料化について(別ウインドウで開く)

(パンフレット・チラシ等の広報資料がダウンロードできます。)

お問い合わせ

大垣市生活環境部環境衛生課[2階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム