ページの先頭です

「第2波非常事態」に対する緊急対策について(岐阜県発表)

[2020年7月31日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

緊急対策「オール岐阜」での取り組み

 本日、岐阜県知事は、7月の感染増加が4月と同等ないしそれ以上のスピードであることなどから「第2波」が到来したとして、県民に向け緊急対策を発表しました。

県民の皆さんへ

○愛知県、特に名古屋での酒類を伴う飲食の回避

 (感染状況、防止対策について愛知県、名古屋市と積極的に情報共有)

 

○学校夏休み、お盆休み対策の徹底

 ・児童生徒は、健康チェックカードによる毎日の体調管理。

 ・保護者は、児童生徒の感染防止対策の確認。

 ・教員は、自らの感染防止対策の遵守と体調不良時の報告。

 ・大学生は、特に、締め切った場所及び多人数での懇親会やパーティー、カラオケを自粛。

 ・学校内の「衛生管理者」による校内コロナ衛生管理の徹底。

 ・県をまたぐ外出、感染拡大地域、特に愛知県との往来は慎重に。

 

○感染防止対策の基本の徹底

 ・「人との距離確保」「マスク着用」「手洗い」。

 ・3密の場(「密閉」「密集」「密接」)の回避。

 ・家族以外の集団での会食の回避。

 ・毎日、体調を自己チェック、体調異常の場合は、外出ストップ。

 ・県の「感染警戒QRシステム」と政府の「接触アプリ(COCOA)」の活用。

 

○行動指針、ガイドラインの遵守徹底

 ・感染防止対策を徹底していない店舗において、感染者が発生した場合には、感染症法等に基づく店名公表、立ち入り検査。

 ・クラスターが発生した店舗には、特措法に基づく個別の休業要請及び業界指導。

 ・「コロナ対策実行中!」ステッカーの掲示徹底と掲示店舗の利用推奨(県ホームページ、雑誌、サイトへの掲載)。

 ・「GoToキャンペーン」などに備え、特に観光、宿泊施設の感染防止対策を再点検。

 ・在宅勤務(テレワーク)、時差出勤を推進。

お問い合わせ

大垣市健康福祉部保健センター

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム