ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

このページを一時保存する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

俳句と遊ぶワークショップ<1月30日取材>

  • [2021年2月3日]
  • ページ番号 52454

バーチャル吟行で一句

タブレットの画像を見て一句詠む

 「俳句と遊ぶワークショップ」が1月30日、奥の細道むすびの地記念館で開催されました。

 ワークショップは小学生に俳句文化を知ってもらうために行われ、2019年夏に続いて2回目。市内の小学生12人が参加し、新型コロナウイルス対策としてスマートフォンやタブレットの画像を見て俳句を詠む「バーチャル吟行」に挑戦しました。

 当日は、俳句作家でグラフィックデザイナーのキム・チャンヒさんが、ウェブ会議システムを通して在住の愛媛県松山市から子どもたちに俳句作りのコツなどを伝えました。

 前回は、屋外で題材を探しましたが、今回は会場に用意されたQRコードを端末で読み取り、市内の風景画像などを見て俳句を作り発表しました。

 また、自作の俳句を書き、絵や折り紙などで色とりどりに飾った俳画キャンドル作りも体験しました。





お問い合わせ

Copyright (C) Ogaki City All Rights Reserved.