ページの先頭です

40歳を迎えたら骨粗しょう症検診を! (令和3年5月1日号)

[2021年5月1日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 人間の骨量は20歳前後まで増え続け、40歳前後から減少し始めます。自分自身の骨量を知り、『貯骨』ができる生活を送りましょう。
 
・対象 : 市内に住民登録がある40~70歳の女性(骨粗しょう症治療中の人は除く)
・受診期間 : 6月1日(火)~10月31日(日)
・受診場所 : 市内委託医療機関(市HPに一覧を掲載)
・受診料 : 500円 ※次の(1)~(3)の人は無料
       (1)70歳以上の人(実施月の1日の年齢)
       (2)65歳以上70歳未満(実施月の1日の年齢)で、身障手帳1~3級、療育手帳B1以上または精神障害者保健福祉手帳1・2級を持つ人
       (3)生活保護世帯や中国残留邦人および市民税非課税世帯の人(身分証明書と印鑑を持参のうえ、受診日の前日までに各保健センターで手続きが必要)
・受診方法 : 5月6日から10月15日までの平日に、大垣市保健センター(TEL 75-2322)、上石津保健センター(TEL 45-2933)、墨俣保健センター(TEL 62-3112)のいずれかへ申し込みのうえ、医療機関で受診