ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

このページを一時保存する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置

郷土の偉人(21) “虎を描いては天下一の画家” 大橋 翠石 (令和3年12月15日号)

  • [2021年12月15日]
  • ページ番号 55884

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます


(1865~1945年)

 
 「虎の翠石か、翠石の虎か」と言われるほど、一途に虎を描いたのが、新町出身の大橋翠石です。渡辺小華のもとで写生の技術を磨いた後、明治33年(1900)のパリ万国博覧会に出品した「猛虎図」が、金牌を受賞しました。以降も、虎図を国内外の展覧会に出品し、高い評価を受けました。
大橋翠石肖像

大橋翠石肖像(個人蔵)

qr

偉人紹介アプリ

Copyright (C) Ogaki City All Rights Reserved.