ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

このページを一時保存する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

いき粋墨俣つりびな小町めぐり2022<2月28日取材>

  • [2022年2月28日]
  • ページ番号 56743

はなやぐ春に浮かぶ「つりびな」

旧墨俣宿の脇本陣跡に飾られたつりびな1
旧墨俣宿の脇本陣跡に飾られたつりびな2

 3月3日の桃の節句を前に、墨俣町の旧墨俣宿一帯で、「いき粋墨俣つりびな小町めぐり2022」が開催されています。

 地元の女性まちづくり団体「いき粋墨俣創生プロジェクト」が取り組み、今年で14回目。つりびな飾りは、同プロジェクトの会員の皆さんが着物の古布などを使って手作りしたもので、長さは約1メートルほどあり、店舗や寺院など26会場を華やかに彩っています。

 脇本陣跡の古民家「ギャラリー&ショップ美濃路墨俣宿脇本陣」には、桜や梅、うぐいすなど春を連想させる約80点のつりびなが天井から下がっています。

 イベントは、3月6日まで。新型コロナウイルス感染対策を十分に講じて開催していますが、状況によって内容が変更や中止となる場合があります。開催状況など詳しくは、同プロジェクト事務局HPをご覧ください。

 ※写真撮影のため、一時的にマスクをはずしています。

お問い合わせ

Copyright (C) Ogaki City All Rights Reserved.