ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

このページを一時保存する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

アマゴの稚魚放流<3月8日取材>

  • [2022年3月10日]
  • ページ番号 56851

育てたアマゴ大きくなってね

放流したアマゴの稚魚を見守る児童ら
児童らが卵から育てたアマゴの稚魚

  一之瀬小学校の児童3・4年生7人が3月8日、卵から育てたアマゴの稚魚を学校近くの牧田川へ放流しました。

  地域の自然環境保護について学ぶ総合学習の一環として、昨年11月末に245粒のアマゴの発眼卵を県漁業協同組合連合会から提供を受け、校内の水槽でふ化したアマゴを子どもたちが大切に育てて、観察してきました。

  3~4センチに成長したアマゴ約140匹を放流した子どもたちは、川で泳ぐアマゴに向かって「頑張って」「元気に大きくなってね」と声をかけ、手を振っていました。

お問い合わせ

Copyright (C) Ogaki City All Rights Reserved.