ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

このページを一時保存する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

ふるさとの生き物調査<7月23日取材>

  • [2022年7月25日]
  • ページ番号 58641

夏の川で環境を学ぶ

川底の水生生物を観察する親子連れ
採取した水生生物から水質調査を行う

「ふるさとの生き物調査~夏の川編~」が7月23日、上石津町一之瀬を流れる牧田川で行われました。

環境問題に対する関心を高めようと、大垣市環境市民会議が主催したもので、平成15年度から毎年、夏には「牧田川での水生生物調査」、秋には「里山自然観察会」を開催しています。

当日は、親子5組12人が参加し、岐阜県公衆衛生センターの溝口さんによる指導のもと、川底の石をひっくり返すなどして水質の指標となる水生生物を集め、牧田川の水質の現状や生態系保全の大切さなどを学びました。

お問い合わせ

Copyright (C) Ogaki City All Rights Reserved.