ページの先頭です

大垣市消費者啓発強化月間イベント「楽しく知ろうよ!消費生活」を開催しました

[2017年11月16日]

  大垣市では、悪質商法や振り込め詐欺などへの注意喚起を図るため、消費者啓発イベント「楽しく知ろうよ!消費生活」を9月30日(土)、イオンモール大垣にて開催しました。
 
 このイベントは、訪問販売や電話勧誘などによる契約を無条件で解約できる「ク(9)ーリング・オフ(02)」制度にちなみ、大垣市が毎年9月を「大垣市消費者啓発強化月間」として定めていることにより開催したものです。
 
 当日は、子ども連れの方をはじめ多くの来場者でにぎわい、参加した方からは「うまい話に乗ってはいけないと改めて思いました」などの声が聞かれました。

イベントの様子

 オープニングでは、みつづかこども園の皆さんに踊りの披露をしていただきました。


 おそろいの衣装を身にまとった園児たちが、音楽に合わせて元気いっぱいの踊りを披露し、会場からは大きな歓声がわきました。

 市長は、大垣市内においても悪質商法や振り込め詐欺の被害が発生しているため、注意喚起と、大垣警察署などの関係機関と連携を図り、消費者被害の未然防止を呼びかけました。また、市民の皆さんが安全で安心して暮らせるまちづくりを推進するため、今後も継続的に消費生活相談体制の充実を図っていきたいと述べました。

                                 かしこい消費者になるため標語

 平成29年度「かしこい消費者になるための標語」の表彰式では、最優秀賞に北小3年・山田湖湖さん、優秀賞に小野小2年・鈴木理乃彩さん、興文中3年・大角沙矢香さん、佳作には西中3年・古田真琴さん、東中1年・末永咲優さん、北小6年・臼井楓香さん、中川小3年・戸川紗季さんが選ばれ、市長から賞状と記念品を受け取りました。

 消費生活ワンポイントアドバイスでは、消費生活相談員が相談の多い事例について解説し、注意喚起を呼びかけました。

 また、電話での相談も受け付けているので、消費者ホットライン188「いやや」までお電話くださいと述べました。

 大垣市かがやき市民講師・江馬斉一郎氏による華麗なマジックショーは、子どもから大人まで「はっ!」と驚き、楽しくだまされ盛り上がりました。

 

 みつづかこども園の皆さんと市長、大垣市議会企画総務委員会委員長、大垣警察署長、一般社団法人 大垣銀行協会常務理事に、かしこい消費者になるための歌「イカサマから身を守ろう」を披露していただきました。


 みつづかこども園の皆さんの力強い歌声に、会場からたくさんの拍手と歓声がわきました。

 消費生活クイズ大会では、市長と来賓の皆さんから消費生活に関するクイズを出題していただき、会場の皆さんに答えてもらいました。大勢の方にクイズに参加していただき、会場は盛り上がりました。

 正解された方には、大垣銀行協会からいただいた「やわらかタオル」、大垣市くらしのセミナーからいただいた「手作り布ぞうり」、そして大垣の特産品の詰め合わせを贈呈しました。


 最後に、市長及び来賓の皆さんから会場の皆さんに、暮らしに役立つ消費生活啓発グッズの配付を行いました。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市かがやきライフ推進部まちづくり推進課[大垣市職員会館2階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る