ページの先頭です

「奥の細道むすびの地・大垣 まちづくりシンポジウム」を開催しました

[2011年10月23日]

奥の細道むすびの地・大垣 まちづくりシンポジウム

大垣市奥の細道むすびの地記念館のイメージ図

 
 市は、中心市街地の一層の活性化と回遊性の誘発に向け、歴史と文化が息づく船町・美濃路界隈で、俳聖・松尾芭蕉が「奥の細道」の紀行を終えたむすびの地周辺に、文化の薫り高い大垣の個性を生かした「憩いと賑わいの空間」の整備を進めています。

 今回のシンポジウムでは、奥の細道むすびの地周辺を生かしたまちづくりについて、参加者の皆さんと一緒に考えました。
 多数のご参加、ありがとうございました。

開催日時

 平成23年10月23日(日) 13:00~15:30

開催場所

 情報工房 5階 スインクホール(大垣市小野4丁目35番地10)

開催内容

基調講演

 基調講演では、大垣市奥の細道むすびの地記念館総合監修者で、名古屋大学大学院教授の塩村 耕氏に、「奥の細道むすびの地記念館の文化史的意義」と題して、講演していただきました。

基調講演

特別講演

 特別講演では、俳人で大垣市奥の細道むすびの地記念館名誉館長の黛 まどか氏に、「もう一つの奥の細道~歌枕をめぐって~」と題して、講演していただきました。

特別講演

パネルディスカッション

  その後のパネルディスカッションでは、基調講演をしていただいた塩村 耕氏がコーディネーターとなり、「奥の細道むすびの地周辺を生かしたまちづくり」について、市長と次のパネリストが活発な意見交換を行いました。

 ○パネリスト: 黛 まどか氏(俳人、大垣市奥の細道むすびの地記念館名誉館長)

            梅津 保一氏(「おくのほそ道」大学学長)

            河合 和弘氏(ふるさと大垣案内の会会長)

            相馬みさ子氏(前奥の細道むすびの地記念館館長)

            松本 正平氏(元気ハツラツ市実行委員会委員長)

            小川   敏 (大垣市長)

パネルディスカッション全体

参加者数

 450人

シンポジウムの概要

関連コンテンツ

「奥の細道むすびの地・大垣 まちづくりシンポジウム」を開催しました

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市企画部地域創生戦略課[2階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る