ページの先頭です

有毒植物にご注意を!!

[2016年5月23日]

有毒植物にご注意を!!

今般、県内において、有毒植物であるイヌサフランを山菜のギョウジャニンニクと誤って販売され、購入後に喫食されたところ食中毒症状を呈する事例が発生しました。

植物の中には、食用になるものや薬用になるものがある一方で、毒成分を持つ有毒植物も多くあります。

この有毒植物を誤って食べると、下痢、おう吐、けいれん、呼吸マヒなどの症状がでることがあり、死亡する場合もあります。

絶対に食用の野草と確実に判断できない植物は食べないでください。

1.知らない植物は採らない、食べない、人にあげない。

2.専門家の指導の下で、正しい知識を身につける。

3.食べられる山菜と有毒植物が入り混じって生えていることが多いので、採取時や調理時には十分注意する。

<有毒植物イヌサフラン>

過去の有毒植物による食中毒発生事例

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市経済部農林課[弘光舎ビル7階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る