ページの先頭です

関ケ原合戦岡山本陣跡

[2009年3月10日]

 関ケ原合戦岡山本陣址の写真

 
 この山は海抜53メートルの丘陵で、慶長5年(1600)の関ヶ原合戦のとき東軍の総大将徳川家康の本陣が構えられたところです。天下分け目の大合戦に勝利を得た家康は、ここを徳川ゆかりの地と記念して、岡山の名を勝山に改めたと伝えられています。また、この山は聖徳太子の創建といわれる安楽寺領で、壬申の乱をはじめ貴重な史料が点在しています。

勝山の写真

 

アクセス
ところ大垣市赤坂町
交通JR美濃赤坂駅下車、徒歩3分
 
地図

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市教育委員会事務局文化振興課[北庁舎3階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


関ケ原合戦岡山本陣跡への別ルート

ページの先頭へ戻る