ページの先頭です

平林荘跡

[2010年1月21日]

平林荘跡の写真

 
 平林荘は、江戸時代後期の蘭法医で植物学者として著名な飯沼欲斎が、その晩年を送った隠居所であり、植物学の研究に専念した研究所でもあります。
 欲斎は慶応元年(1865)、84歳で没するまでこの平林荘で植物学を研究し、安政3年(1856)、「草木図説」を刊行しました。

 
アクセス
ところ大垣市長松町
交通JR大垣駅南口4番のりばから発車の名阪近鉄バス稲葉団地、十六町行きに乗車、「長松」下車、徒歩2分
 
地図

 

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市教育委員会事務局文化振興課[北庁舎3階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る