ページの先頭です

大垣市勤労者融資

[2009年1月1日]

市内に居住する勤労者の方に対し、生活に必要な資金などの融資のあっせんを行っています。
 

大垣市勤労者融資のご案内
  勤労者住宅資金融資勤労者生活資金融資
融資目的 住宅の新築・増改築・住宅購入に必要な資金を融資し、住生活の改善を促進し、福祉の向上を図るもの生活に必要な資金を融資し、生活の安定と福祉の向上を図るもの
利用できる方■勤労者で、同一事業所に3年以上継続して勤務している方
■収入月額が償還月額(他の住宅資金等の償還分を含む。)の4倍以上ある方(同居親族の収入も含むことができます。)
■必要な自己資金が総工事費及び購入金の20パーセント以上ある方
■同居親族を有し、満20歳以上で、返済完納時が満65歳以下の方
■市町村税を完納している方
■大垣市内に住民登録をし、1年以上居住されている方
■同一事業所に1年以上継続して勤務されている方
■満20歳以上の方
■市税を完納されている方
■返済が確実と認められる方
■将来も引き続き勤続しようとされる方
融資条件■融資金額 1件50万円以上1,000万円以内(10万円単位)
■融資利率 年2.36%(固定)
■返済期間 20年以内
■返済方法 元利均等月額償還。ただし、繰上げ償還及びボーナス併用償還可。
■保証  取扱金融機関の所定の方法に従っていただきます。
■担保  原則として、取扱金融機関に担保(土地・建物)を提供していただきます。但し、その取扱いは、金融機関の方針に従っていただきます。
■融資金額 1世帯につき200万円以内
■融資利率 年2.51% (固定)
■返済期間 5年以内
■返済方法 元利均等月額償還及びボーナス併用償還(繰上げ償還することもできます。)
■保証人  保証人不要。保証機関を利用。 ※別途保証料が加算されます。
資金使途■市内に自ら居住するために新築、増築、改築、改良工事する住宅か、購入する住宅
■当該住宅を共有する場合は、申込み本人が2分の1以上所有すること
■新築、購入は、住宅部分の床面積が50平方メートル以上280平方メートル以下のもの
■増築、改築、改良工事は、当該工事の住宅部分の床面積が10平方メートル以上あり、かつ、増改築・改良後の住宅部分の総床面積が280平方メートル以下のもの(増改築については、登記簿で住宅部分の床面積に変更が生ずる旨を確認できる工事であることとします。)
■当該住宅を建築するのに必要な許認可を受けたもの、又は許認可を受ける予定のものに限ります。(違法となる建築は、対象としません。)
■中古住宅購入については、新築登記がなされてから15年以内の住宅
教育費、医療費、冠婚葬祭費その他生活に必要な資金
必要書類■勤労者住宅資金融資申込書に次の書類を添付して提出してください。
・世帯全員の住民票の写し又は外国人登録済証明書・・・1部
・市町村税の完納証明書・・・1部
・所得証明書・・・1部
・見積書又は契約書の写し・・・1部
・建築平面図・・・1部
*中古住宅の購入予定者は、上記書類のほか土地・建物の登記簿謄本(1部)が必要となります。
*改良工事の場合は、着工前の写真が必要となります。

生活資金融資申込書(労働金庫所定の用紙)に次の書類を添付して提出してください。


(1)住民票謄本     

(2)完納証明書

(3)在職証明書又は健康保険証

(4)源泉徴収票     

(5)印鑑証明書

取扱金融機関東海労働金庫大垣支店・大垣共立銀行・大垣信用金庫 (順不同)東海労働金庫大垣支店

※融資制度をご利用いただける条件、申し込み方法等、詳しくは商工観光課就労支援グループにお尋ねください。

 

 

 

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市経済部商工観光課[弘光舎ビル7階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る