ページの先頭です

曽根城公園

[2011年1月1日]

概要

◆公園種別  街区公園(都市公園)

◆開園年月日(最終)  平成21年3月31日  開園面積0.90ha

 大垣で一番大きな古大垣輪中堤に隣接し、約6,200平方メートルの曽根の池を含む約21,800平方メートルの公園。戦国時代の武将・稲葉一鉄の居城跡で、広い駐車場があり芝生広場やハリヨ池、釣りができる曽根の池、さらに隣接して桜並木が壮大な輪中堤、サイクリング道や史跡があることから、一年を通じ幅広い層の方に利用されています。

主な施設・設備

●芝生広場     ●花菖蒲園     ●ハリヨの池    ●曽根の池     ●散策道

◆ベンチ       ◆野外卓      ◆トイレ(多機能ブース、オストメイト有)

■複合遊具     ■ウンテイ

アクセス

●所 在 地
   大垣市曽根町1丁目716番地1

●アクセス 
   【公共】JR大垣駅から発車の名阪近鉄バス大垣大野線に
       乗車、「曽根」下車、徒歩約5分
   【車で】名神高速道路大垣ICから国道258経由北へ9km、
       約30分

駐 車 場 あり(無料) 

  ※ただし、5月下旬~6月中旬の花の期間中、観光バス等は協力金を頂く場合があります。
  事前に大垣市都市施設課へお問い合わせをお願いいたします。

開館・開園時間、お問い合わせ先

開園時間 終日

そ の 他 無料
        ※団体利用や一般利用者を規制する等の場合は許可が必要
        ※使用料が発生する場合があります。

問合わせ 大垣市都市施設課

見どころ

花菖蒲(ハナショウブ)園

 約3,800平方メートルの花菖蒲池に、約150品種28,000株(平成27年5月時点)のハナショウブが植えられ、白や紫、黄色など、色とりどりの花が咲き誇ります。また、見ごろを迎えると、夜間はライトアップも行われ、昼間とは違う風情を楽しむことができます。

 

例年6月第2週の日曜日には、花しょうぶ祭が開催されます。花期は5月下旬から6月中旬ごろまで。

曽根の池

 公園の大半を占める池。ほぼ中央に位置し、釣りができます。(鑑札が必要)

ハリヨの池

 曽根の池は湧水で、きれいな水をたたえています。ハリヨは、湧水などの清水でしか生息できず、岐阜県西南濃、滋賀県の東部、三重県の北部のごく限られた一部でしか見ることができない、大変珍しい小型淡水魚です。曽根の池にブラックバス等が侵入し、ハリヨが絶滅状態になったことから、昭和62年からの整備で、曽根の池の南に新たにハリヨ池を整備し、守っています。

 

ここのハリヨは、人になれているためか、間近に見ることができます。

大垣市景観遺産~風景資産

 平成22年10月1日に、地域の良好な景観形成に貢献している風景等として、大垣市景観遺産に指定されました。詳しくはこちらから。

周辺施設

大島堤サイクリング道と桜並木

●曽根城跡、柳川星巖邸跡、華渓寺、星巖記念館

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市都市計画部都市施設課[東庁舎3階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る