ページの先頭です

感染症に負けない体づくり (令和2年9月15日号)

[2020年9月15日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 感染症は、乳幼児から高齢者まで誰もが感染する危険性があります。感染症から身を守るために大切なことは、予防対策として抵抗力の高い体をつくることです。日ごろから、できることを確実に実践し、一人ひとりが感染しない体づくりを心掛けましょう。
 詳しくは、大垣市保健センター(TEL 75-2322)へ。
 
【暮らしの中で感染症に負けない体をつくる】
◆十分な睡眠をとる
 免疫の働きを低下させないよう、十分な睡眠をとって抵抗力をアップさせましょう
◆栄養バランスの良い食事を心掛ける
 さまざまな種類の食材をとり、体力・抵抗力を高めましょう
◆ストレスは適度に発散する
 抵抗力を維持するために、適度にストレスを発散しましょう
◆体を温める
 体が冷えると、血流が悪くなり抵抗力が落ちてしまいます。食事、運動、入浴など、体を温める習慣作りをしましょう
◆人混みはなるべく避ける
 特に高齢者や基礎疾患のある人などは、混雑する場所を避けましょう
◆換気を適度に行う
 室内のウイルス量を減らすために、窓や扉を開けて空気を新鮮に保ちましょう
 
【ワクチンで重症化を予防する】
◆予防接種を受ける
 ワクチンを打つことによって、あらかじめその病原体に対する免疫を作り出し、発病したとしても重症化するのを防ぐことができます

≪高齢者インフルエンザ定期予防接種≫
 予防接種法に基づく高齢者を対象としたインフルエンザ定期予防接種を開始します。市が委託した医療機関で、期間中に1回受けることができます。医療機関受診の際は、マスク着用のご協力をお願いします。
 
・対象 : 市内に住民登録している65歳以上の希望者 ※60歳以上65歳未満の心臓、じん臓または呼吸器の機能に重い障がいのある人(身障1級に相当)で希望する人も含む
・接種期間 : 10月1日(木)~12月31日(木)
・接種料 : 1,700円(生活保護世帯・中国残留邦人の人は、事前に印鑑を持って大垣市保健センターで手続きをすれば、無料になります)
・申込 : 直接、市が委託した医療機関(市HPまたは、本紙10月1日号と同時配布の班回覧のチラシに掲載)へ ※市外のかかりつけ医で接種希望の人は、事前に同センターへお尋ねください