ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

このページを一時保存する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置

市民提案事業・学生提案事業

  • [2023年4月21日]
  • ページ番号 54322

市民活動推進課  /  市民提案事業 > 市民提案事業・学生提案事業 

 



 大垣市では、市民と行政の協働によるまちづくりを積極的に推進するため、令和元年度から「市民提案事業」および「学生提案事業」を実施しています。主催は市、主管(企画運営)は事業を受託した団体となり、市と連携・協力して事業を実施していただきます。

 こうした取り組みの原点となるのが、平成15年4月に制定した「大垣市まちづくり市民活動育成支援条例」です。条例に基づき、市民、市民活動団体、事業者及び市が対等な立場で、お互いによきパートナーとして役割を分担する協働社会の推進を図っています。

 また、平成22年3月には「大垣市市民協働のまちづくり指針」を策定、さらに平成24年3月には「市民協働マニュアル」を作成し、市民と行政の協働によるまちづくりを積極的に推進しています。

 そのための取り組みとして、平成22年度からは、市民活動団体と市が地域の課題を新たな発想や手法によって解決していく提案型協働事業として「大垣市かがやき市民手づくり協働事業」を、平成30年度には、市民活動団体等から大垣市制100周年をお祝いする事業の企画提案を募集し、「市民提案事業」および「高校生提案事業」を行うなど、多くの市民が多様な場面で参加・活躍できる、市民協働によるまちづくりを進めています。


募集事業および条件
  市民提案事業学生提案事業 

 

 募集事業

 市が提示するテーマ(※)に沿った地域の課題解決、魅力発信につながる事業

※大垣市未来ビジョン第1期基本計画に基づく次のテーマ

 (1)安心できるまちづくり(地域防災力の向上、健康長寿など)

 (2)元気があるまちづくり(ロボットやAIなどの先端技術の活用、地域資源の活用、市民のまちづくりへの参画など)

 (3)楽しく子育てができるまちづくり(未来の大垣を担う子どもの成長支援など)

 ⑷その他時代に即したテーマ(人口を増やす取り組み、地球温暖化対策、SDGsの取り組み)

 

学生の柔軟な発想を生かした事業

 対象団体

 大垣市内で活動し、市民を対象に事業を行う団体

「大垣市まちづくり市民活動育成支援条例」の規定による市民活動団体)

 大垣市内で活動している高等学校、大学、

専門学校等の学生団体・グループ

委託金額

1事業上限50万円(特に効果の高い事業と市が認める事業については上限100万円)

1事業上限50万円

・他の補助金、委託費等と重複する事業は対象外です。

・市民提案事業および学生提案事業の利用は、同一事業につき1回までです。

事業の募集

 原則、年1回の募集となります。広報おおがき、市ホームページなどで募集案内を行います。

事業の採択方法

 企画提案団体は、「大垣市まちづくり市民活動育成支援推進委員会」による公開審議会に出席し、企画提案書等に基づきプレゼンテーションを行っていただきます(学生提案事業は書類審査のみ行います)。その後、委員会による審議を経て、大垣市で事業の採択・不採択を決定します。

お問い合わせ

大垣市市民活動部市民活動推進課[2階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

Copyright (C) Ogaki City All Rights Reserved.