ページの先頭です

シンボル

[2011年2月8日]

市章・市の木・市の花・市の魚

市章

 大垣市の「大」を図案化したものです。また、大垣の名が過去には「大柿」と呼ばれていたことから「柿」のへたの形も表しています。大正7年(1918)4月1日制定。

市章

 

市の木・市の花・市の魚

 緑あふれた潤いのあるまちを進めようと、昭和48年(1973)3月、大垣市緑化推進条例を制定。その一環として、同年8月、市民の皆さんから市の木、市の花を募集。市の木に「クスノキ」、市の花に「サツキ」を選定しました。また、平成19年(2007)3月には、良好な環境を将来の世代へ引き継いでいこうと、大垣市環境基本条例を制定。それを受けて、平成20年5月、市民の皆さんから市の魚を募集し、「ハリヨ」を選定しました。

市の木 「クスノキ」

 常緑樹で、葉には光沢と芳香があり大木になります。成長力にとむことから、のびゆく大垣市を象徴するのにふさわしい樹木です。

クスノキ

市の花 「サツキ」

 5月から6月にかけてきれいな花をつけるサツキは、多くの市民に親しまれ、家庭はもとより市内の公園やグリーンベルトを彩っています。      

サツキ

市の魚 「ハリヨ」

 冷たくてきれいな湧き水やその近くの水にしか生息しないハリヨ。大垣市のきれいで豊かな水環境を守っていくシンボルといえます。

ハリヨ

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市企画部秘書広報課[2階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る