ページの先頭です

市の木・市の花

[2011年1月1日]

市民の皆様の公募により、昭和48年10月31日に制定しました。

市の木

クスノキ(クスノキ科)
 常緑高木で、樹形は雄大になり暖地によく生育します。日本産の広葉樹のうちでは、最も大きくなる樹木で、かつ樹木の中で一番寿命が長く、1,000年をこえるものもあります。5月に帯黄白色の小花をつけ香りが強く、根皮と葉は薬用とし、材片と葉から樟脳油がとれます。
 この樹木は非常に強健で、気候、土質にも適応性があり、都市公害には強く、病害虫にも比較的おかされにくいことから、本市においても公共樹木として多く使用しています。保存樹木の調査でも市内に相当数の大木があり樹齢が300年をこすものがあります。

 市内のあちこちで見られますが、中でも円興寺、JR大垣駅の南口と北口、丸の内公園では特に大きなクスノキが見られます。

市の花

サツキ(ツツジ科)
 常緑低木で多くの人々に栽培されています。日本特産の大衆花として有名で、ふるさとは関東以西、四国、九州の河岸の岩に自生するもので、高さは約15~90cm位になり、花は5~6月に咲き、長い開花期です。
 学名は「サツキツツジ」ですが、花が5月(陰暦)すなわちサツキに咲くところから日本名で一般に略して「サツキ」といいます。近年では人口交配などにより、数多くの園芸品種がつくりだされ、栽培が容易なこともあり、大衆化がすすんでいます。本市においてもサツキの愛好者が多く、特に数多くの古木の集まっていることでは全国有数となっています。

 浅中公園や郷土館の日本庭園で見られます。

お問い合わせ

大垣市都市計画部公園みどり課[5階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム