ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

このページを一時保存する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

交通死亡事故発生状況等と安全指導について

  • [2022年1月15日]
  • ページ番号 29932

令和3年 交通死亡事故発生状況

 

 令和3年中に発生した交通死亡事故者数は4人でした。


交通事故の年別推移

交通事故発生状況

交通事故抑止に向けた安全指導

 

☆運転者は・・・

 ○ 交差点では、見通しの良・不良、大小にかかわらず、必ず一時停止または徐行し、左右の安全を確かめてください。

 ○ 高齢者(歩行者・自転車)を見かけたら、進路を譲るなど『思いやり運転』に心掛けてください。

 ○ 車を運転する時は、早めにライトを点灯していただき、お互いが自分の存在を早めに知らせるように心がけてください。

 ○ 横断歩道を渡ろうしている人がいたら必ず止まりましょう。

 

☆自転車利用者は・・・

 ○ 近年、加害者になるケースも多く見受けられます。乱暴な運転は避け、万が一のために自転車保険に加入しましょう。

 ○ 道路を横断する時は、信号機・横断歩道等の安全な場所を選んでください。

 ○ 交差点では、見通しの良・不良、大小に関わらず、必ず一時停止または徐行し、左右の安全を確かめてください。

 ○ 夕暮れ時や夜間に自転車で出かけるときは、反射材をつけた自転車に乗り、ライトを点灯してください。

 ○ 自転車安全利用五則を守ってください

  (1) 自転車は、車道が原則、歩道は例外

  (2) 車道は左側を通行

  (3) 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行

  (4) 安全ルールを守る

   ・飲酒運転・二人乗り・並進の禁止

   ・夜間はライト点灯

   ・交差点での信号遵守と一時停止・安全確認

  (5) 子どもはヘルメットを着用

 

☆歩行者は・・・

 ○ 道路を横断する時は、信号機・横断歩道等の安全な場所を選んでください。

 ○ 道路を横断する時は、『止まる・見る・待つ・確かめる』を徹底し、必ず左右の安全を確認して横断してください。

 ○ 夕暮れ時や夜間の外出には、白っぽい明るい服装で、反射材等を身に付けてください。

 

 

お問い合わせ

Copyright (C) Ogaki City All Rights Reserved.