ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

このページを一時保存する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

大垣市中心市街地活性化基本計画

  • [2021年3月30日]
  • ページ番号 53001

大垣市中心市街地活性化基本計画について

 大垣市は、中心市街地活性化に関する法律(平成10年法律第92号)に基づき、新たな「大垣市中心市街地活性化基本計画」を策定し、令和3年2月10日付けで認定申請を行い、令和3年3月30日、内閣総理大臣から認定されました。

 今後は、目標達成に向け、基本計画に掲載された事業を着実に推進し、関係者が一体となって、中心市街地の活性化に取り組んでまいります。

 

名称

大垣市中心市街地活性化基本計画

計画期間

令和3年4月~令和8年3月(5年)

計画区域

JR大垣駅周辺 約168ヘクタール

全体方針

みんながワクワク、元気なまち大垣

~活力と魅力があふれ、賑わいのあるまちづくり~

目標及び目標指標

 第1 にぎわいの創出

 観光客などの来街者や、商店街と大型店舗との連携・共存によるまちなかの「にぎわい創出」

 目標指標/休日歩行者・自転車通行量:15,510人(H30)→16,000人(R7)

 第2 まちなか居住の推進

 まちなかの利便性を生かした住宅供給による「まちなか居住の推進」

 目標指標/中心市街地居住人口社会増減数:+45人(H27~R元年度平均)→+155人(R3~R7年度平均)

 第3 地域経済の活性化

 中心市街地の商業再生による「空き店舗の減少」

 目標指標/商店街振興組合連合会内空き店舗数:27店舗(R元)→17店舗(R7)

事業内容

 目標を達成するための取り組みとして、市街地の整備改善のための事業、都市福利施設を整備する事業、住宅の供給及び居住環境の向上のための事業、経済活力の向上のための事業等、ハード事業およびソフト事業併せて51事業を実施する予定です。

 

フォローアップ報告

 中心市街地活性化基本計画における内閣府の認定を受けた市町村は、認定基本計画に掲げられた取組の進捗状況及び目標達成の見通しについて、国へ報告することとしています。

前大垣市中心市街地活性化基本計画

計画期間  平成27年12月~令和3年3月(5年4か月)

計画区域  約168ヘクタール

全体方針  選ばれるまち大垣へ にぎわいと魅力あふれるまちづくり

        ~中心市街地での定住人口・交流人口の増加~

前大垣市中心市街地活性化基本計画

前々大垣市中心市街地活性化基本計画

計画期間  平成21年12月~平成27年11月(6年)

計画区域  約168ヘクタール

前々大垣市中心市街地活性化基本計画

お問い合わせ

Copyright (C) Ogaki City All Rights Reserved.