ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

このページを一時保存する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

産婦健康診査事業について

  • [2021年4月1日]
  • ページ番号 53033

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

産婦健康診査事業

 産後は、赤ちゃんとの生活やホルモンバランスの影響で心身に不調をきたしやすいといわれています。市では、産後の心身の回復や授乳状況などお母さんの健康状態をチェックする「産婦健康診査」の費用の一部助成をします。

対象者

健診受診日に大垣市に住民登録がある人

※妊娠届出時に「産婦健康診査受診票兼結果票」をお渡しします。

健診内容

問診、診察、体重・血圧測定、尿検査、エジンバラ産後うつ病質問票(EPDS)

助成時期・回数

概ね産後1か月(産後8週以内)の時期に1回
※流産・死産された場合もご利用できます。

助成額

上限5,000円

※医療機関の健診内容等により、自己負担が発生することがあります。請求額が5,000円を超える場合は、自己負担になります。

助成方法

(1)岐阜県内の委託医療機関の場合
 受診時に、「産婦健康診査受診票兼結果票」と母子健康手帳を医療機関に提出してください。

(2)助産所・岐阜県外の医療機関(委託医療機関以外)の場合
 助産所・県外の医療機関等で、産婦健康診査を受診された方に、健診費用の償還払い(一定金額まで)を行っています。
 医療機関の窓口で、費用を一旦お支払いいただいた後、申請により公費負担分を指定の銀行口座に振り込みます。

申請に必要なもの

大垣市産婦健康診査費助成事業補助金交付申請書

大垣市産婦健康診査費助成事業補助金交付請求書※押印は必須です

産婦健康診査事業チラシ

お問い合わせ

Copyright (C) Ogaki City All Rights Reserved.